やばいお金がない※お金がなくてヤバい、困ったときはこんな方法も

お金が無い…といった経験は財産でもある

やばいお金がない

人生を一生懸命に生きていると、時には「ヤバイ!お金が無い…」といったシチュエーションもあるかと思う。

 

そこで覚えておいて欲しいのが、お金が足りない事は、ちっとも恥ずかしい事でも他人に隠すべき事ではない…ということなんだ。

 

悪くいえば計画性が無いともいえるけれども、それだけ自分に正直、つまり自分の欲求に忠実ということでもある。

 

多くの人はお金が足りないという部分にフォーカスしがちだけれども、本当に大切な部分はそこではく、そのピンチな状況をどのように脱することができたのか…という経験値なんだよね。

 

何らかの方法でお金がないという状況を脱した場合、その経験はその後の人生で非常に大きな意味を持つからね。

 

今後の人生で、本当にお金に困ったシチュエーションで、そういった経験値が非常に役に立つと思うよ…お金に苦労したことの無いない人間に比べ、他人に相談せずとも自分で状況に合わせて判断を下せるわけだから…。

 

各ページでお金が無い状況に合わせて、ピンチを脱出するためのヒントを書いておいたつもりだから、状況に合わせて参考にしてもらいたい。

 

間違っても悪質な業者、怪しい会社を利用しないこと!もしプロに助けてもらうなら、絶対に信頼できる会社だけを利用すること。

 

参考までに、神谷が過去に利用してきて、もっとも安心できた2つの会社を掲載しておくからね。

管理人の神谷が利用して実感した申し込むべき2社

借入先比較

様々な借入先を利用してきた神谷としては、利用するからにはユーザーさんが安心して、それも効率よく借入できるような提案をしておきたい。

 

そのためには本来は1社のカードローンに絞るという方法もあるだろう…。

 

しかしカードローンやキャッシングの特性上、本人も予想できない理由で審査が通らない…といった可能性も僅かながらある。つまり一社だけに申し込んでしまうと、最悪な場合、途中で振り出しに戻ることになる。

 

そこから次の会社を探せば時間もかかるし、精神的にキツい…これは何度も経験済み。だから同時に2つの借入先を検討し、申し込んでおく方が間違いない。どちらも審査が通れば比較して条件の合う方を利用すれば良いだけの話だから。

 

そんな理由から、神谷の悩みぬいた2社を掲載しておきたい。

 

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスの特徴

神谷が利用して感じたプロミスの優れている部分

 

管理人アイコン

■プロミスの瞬フリとよばれる振込キャッシングなら、24時間最短10秒で振り込み可能!(※瞬フリのご利用には、三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座をプロミスにご登録する必要があるので注意)

 

■プロミスの30日間無利息期間はアコムやレイクと違い、申込みから30日間ではなく、初回借入の翌日から30日間の無利息。それだけ長くご利用できるということだ。

 

■すぐに借りたい!バレずに借りたい!そんなわがままなユーザーさんにとっても理想的な借入先だといえる。

 

↓Click 詳細はこちらから↓

※女性の方(パート・アルバイトを含む)には女性のオペレーターが親切にご案内する、プロミスの女性用キャッシング。プロミスレディースをおすすめします♪  
Click→プロミスレディースキャッシング

【プロミスの実質年率と借り入れまでの期間】
実質年率 4.5%〜17.8%
審査期間 最短で30分
融資までの期間 最短で1時間

(※初回無利息にはメールアドレス登録とWEB明細利用登録が必要です)

 

 

SMBCモビットの特徴

神谷が利用して感じたSMBCモビットの優れている部分

 

管理人アイコン

■竹中直人さんの愉快なCMでもおなじみのSMBCモビットの特徴は、申込みが非常に簡単で分かりやすいこと!

 

■10秒簡易審査や、返済シミュレーションも用意しているSMBCモビットは、スマホや携帯からWeb申込みができる!※WEB完結の申込条件には「ゆうちょ銀行・三井住友銀行・三菱UFJ銀行」の口座も対象となります。

 

■SMBCモビットならではのWEB完結申込みなら、なんと「電話連絡なし・郵送物なし」も可能!会社の同僚やご家族にバレたくないって方におすすめのカードローンといえる。

 

↓Click 詳細はこちらから↓

モビット

 

【SMBCモビットの実質年率と借り入れまでの期間】
実質年率 3.0%〜18.0%
審査期間 最短で30分
融資までの期間 最短30分

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合あり

 

ヤバイ!お金が無い…お金に困った体験談

毎日、節約していても月末になると「あれ…ヤバイかも…」なんてことありますよね。
そんな時、いろいろ対処法はあるけど面倒くさい人間関係とか考えちゃうと周りの人には借りないで、お金貸すプロから借りちゃった方が手っ取り早いし気が楽なので実を言うと僕はちょっぴり借りてます(笑)

 

やっぱり利息がだいぶ安くなったのも大きいでしょうね。だって僕みたいに月末に数万円だけ借り入れて給料日にはすぐに返済しちゃえば実質500円以下だったりしますからね。
あのピンチの状態から誰にも迷惑かけずに脱出できるんだから安いものです(笑)・・もちろん借り過ぎはダメ!ちゃんと計画的に返せる範囲ですけどね。
ということで以下にヤバイ、お金が無い…といった体験談をご紹介しておきます。

 

友人や知人に借りるわけにもいかないので…
生活しているとやばい!お金ない…って時ないですか?私はちょこちょこあります(笑)
例えば、お給料日前なのについ気になる洋服買っちゃったり…とか連続で飲み会とか続いちゃって予想外にお金がでてったり…なんて場合ですね。

 

ホントはお金が無いから無理!ってキッパリ断ることができればいいのですけど、なかなかそうもいきません。
きっとわたしは意志が弱いんでしょうね。

 

だから人の意見に流されちゃうのです(-_-;)
で、このようにお給料日前で「やばい、お金がない」という時、最近では迷わずお金を借りることにしています。

 

前までは、「キャッシングとかカードローンてなんだか怖い…」なんてイメージがあって親とか友達から借りたこともありましたけど、最近じゃもう周りの人には借りないようにしています。
というのも家族や友人から借りてしまうと、借りる方も貸す方も人間関係がちょっと壊れてくるというのを自分の身を持って体験したからです(泣)

 

やっぱり貸す側の相手からは「お金にルーズな人だな」って思われてしまうし、借りるこちら側も知り合いだからって返済が遅れたり、余計ルーズになっちゃいますもんね…どうしても気が緩んじゃうもんね。
なので家族や知人から借りるのであれば専門の業者や銀行から借りた方がというのが1番よいところ。

 

ってことで私の場合は返済の面でも人間関係の面でも変な気を使わなくて済むキャッシングやカードローンで必要なときに少し借りても給料後はすぐに返済するようにしています。
そうすれば借り過ぎたり、返済し忘れたりしないので安心して利用できますよ。

 

 

わたしも時々利用してほんとうに便利だなって感じています。
しかし、この便利さに慣れてしまうといつでも自由に使えるまるで自分のお金みたいな感覚になってしまう方もいるようです。
今では本当に簡単にスマホから自分の銀行を指定して振り込んでもらったりできるので、余計に借りている感覚が薄れてしまうからでしょうか
必要以上に借りすぎてしまい、返済のために他で借りてということを繰り返し、最後に返済ができない…という方も少なくないようです。

 

いくら手続きが簡単とはいえ結局は少額であれ借金は借金です。もし、借りる時点で返し切る自身が無いという方や返済できる予定や計画が思いつかないという方は残念ながら最初から借りない方が良いといえるでしょう。

 

 

お金がない!というのも良い経験
たまに「ヤバい、お金がない」という経験になったことがないって人いますけど、わたしの場合は学生時代にお金に困っていたのは良い経験だったんだと今になって思います。

 

当時はバイトして入ってきたお金を一瞬でつかってしまうというサイクルを繰り返していましたので、どんなにバイトを増やしてもお金があるのは一瞬のこと。
またすぐにお金がない・・・って状況になっていたわけです。

 

当時は学校の仲間もバイトの仲間もいろんな交友関係が増えて、多分、わたしの人生で1番友達が増えた時期だったといえますね。
まぁ毎日あれだけいろんな場所に仲間と出かけていればお金がないのは当然です。

 

その分、大人になってからじゃできない体験も一杯できたし、面白い思い出もたくさんできた。
そして何より、一緒にお金がない・・・っていいながらも一緒に遊んでいた友達がたくさんできたことがお金では買えない1番の収穫かな?って思っています。

 

ヤバい!お金がない…って海外でも
僕の場合は、日本では経験ありませんが海外でなったことが記憶にのこっています。それははじめての1人で行ったニューヨークでのこと。
知人の家に泊めてもらって、昼は毎日マンハッタン巡りをしていたのですが、数日目に「ヤバい!お金がない・・・」ってなったんです。

 

じつはカード類、持ち金のほとんどを知人宅に忘れて出かけてしまったのです。
もちろん知人は夜になってこないと帰宅しませんので鍵もなく取りにかえっても中には入れません。
その日は自由の女神を観光する予定だったのですが、なんとかリバティ島へのフェリーには乗船できても上陸するお金が払えません。

 

結局、島の前までいってリバティ島へは上陸せずにフェリーで戻ってくることに・・・。
そうなんです、観光地ですから各所でお金が必要になってくるためお金がないと自由の女神の近くまでは近づけなかったのです。
ここまで来たのに・・・!ってメチャクチャ悔しい気分になりましたね。

 

で、寒いニューヨークでお金がないのでマクドナルドで夜まで粘って暖をとっていたのです。観光でお金がないとほんとに結構悲惨ですね・・・。
結局、それ以来ニューヨークには訪れていませんので、いつかはちゃんとお金を用意して自由の女神の近くまで行きたいな!と思ってます。