ヤバイ、1万円足りない・・・

1万円を我慢する事で大きな出費に…

お金がかかる

当サイト管理人の神谷も、最近ではそういったシチュエーションも減ってきましたが、若い頃は「1万円足りない…」といったピンチに陥っていました。

 

とりあえず給料日までの3日間を凌ぐには、あと1万円あればなぁ…といったシチュエーション。

 

そういった状況になった場合、結果からいってしまうとね。

 

できるだけ大手で信頼できる借入先、できれば利息の低い借入先でサクッと解決するのが正解だと思うよ。例えば以下のような大手銀行系列のカードローンやキャッシングみたいなところでね。

 

Click→神谷が辿り着いた最短・確実・安心の借入先とは?

 

というのもね。

 

1万円を借り入れずに、どうにか我慢して凌いだとするよ。そうやって給料日まで無理して節約しちゃうとね。往々にして給料日後には反動で無駄使いしてしまうのですよ(経験済み)

 

とりあえず借り入れせずに我慢したのだから、自分にご褒美を与える…といった感じでね。

 

その結果、月の前半で大きな無駄使いが相次いで、結局は次の給料日前には現金がつきてしまい、同じことの繰り返しとなってしまう。

 

なので下手に我慢なんてせずに、普通に足りない分は最低限の金額だけ用立てした方が賢いと思うよ。今じゃ利息も低いから給料日にすぐ完済してしまえば、利息も僅かなものだからね。

 

まあ、時には我慢して凌ぐ…という経験も大切かもしれないけれど、それが無駄使いや贅沢につながってしまうのなら、最初から我慢なんてしない方がいいと思うよ。

 

ヤバイ…1万円足りない...なんて場合

お金を借りよう

やばい…どうにも1万円足りない。

そういった状況に陥った場合、どうやってピンチから脱出すれば良いのか?
そんな時、結果からいってしまうとカードローンやキャッシングでサクッと借り入れてしまうのが、私個人としては正解だと感じています。

 

そもそも1万円だろうが10万円だろうが、お金を借りるって意味では同じことですからね。
家族にお金の相談をすれば、下手に心配をかけてしまうことにもなるし、同僚や友人に借りるにしても、お金にルーズな奴だとレッテルを張られることにもなりかねないし。

 

おまけに家族や知人に1万円を借り入れた場合、当然ながら1万円を貸してくれたお礼が必要となってきます。
食事をおごったり、時には飲みに誘ったり…とあれこれ考えてみると、1万円に対して非常にそういった費用が高くかかってしまう…わけです。
ちなみにカードローンやキャッシングで1万円を1ヶ月間にわたって借り入れた場合…

 

10,000×0.18÷365×30=147.94…つまり150円の金利です。

 

誰にも迷惑をかけない上に、金利も僅かペットボトルのジュース1本分だけですからね。
こういった返済にかかる費用を計算してしまうと、どう考えてもカードローンやキャッシングを利用しちゃった方がお得だって気がしますね。

 

スマホ料金の支払いで1万円足りない…

スマホ

財布に現金が入っているつもりでいざ買い物って時にレジで財布をひらくと「あっ 入れるの忘れていた!」なんてこと、誰にでも一度や二度はあるかと。

 

さて、このようなパターンのようにお財布に1万円入れ忘れて困ったという場合とは違いますが、そもそも自宅に戻っても手持ちの現金がが1万円足りない…ってこともあるかと思います。

 

たとえばスマホの毎月の通信費用なども1万円前後の方が多いことでしょう。。遊びの用事だったり、飲み会だったら金欠で断ることもできますが、こういった必要な経費が滞納されてしまうとあとあと面倒くさいことになりかねませんからね。

 

事実、管理人は先日、水没でスマホが壊れ2日間不通な期間がありましたが、その間、非常に不便で不安に過ごしたと記憶しています。
現代でスマホ(携帯)が止められてしまうと、その不便さは計り知れませんのでそんな場合は、とりあえず借りてでも支払うのが賢明だといえます。

 

さらにもっと問題なのはブラックリストに入ってしまうという点。
とくに今までの携帯電話とちがって高額なスマホを分割購入って方も多いはずです。基本的にスマホの本体代の返済が遅れてしまうと簡単にブラックリストに載ってしまうともいわれています。

 

つまりローンで購入した返済が遅れているということですので、とくに注意が必要といえるでしょう。
あんがい、そのことを知らずにブラックリストに入ってしまう人が急増しているらしいので本当に気をつけないといけませんね。
たった1万円のことで今後の住宅ローンの審査や、その他の審査などに影響がでてきますので、忘れないようにしましょうね。

 

※その他、ヤバイ、3万円足りない・・・といったケースに関しては各個別ページで説明していますので、参考にしてもらえたら幸いです。

 

神谷流 カードローン業者はこの2社から選ぶ!

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスの特徴

神谷が利用して感じたプロミスの優れている部分

 

管理人アイコン

■プロミスの瞬フリとよばれる振込キャッシングなら、24時間最短10秒で振り込み可能!(※瞬フリのご利用には、三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座をプロミスにご登録する必要があるので注意)

■プロミスの30日間無利息期間はアコムやレイクと違い、申込みから30日間ではなく、初回借入の翌日から30日間の無利息。それだけ長くご利用できるということだ。

■すぐに借りたい!バレずに借りたい!そんなわがままなユーザーさんにとっても理想的な借入先だといえる。

↓Click 詳細はこちらから↓

※女性の方(パート・アルバイトを含む)には女性のオペレーターが親切にご案内する、プロミスの女性用キャッシング。プロミスレディースをおすすめします♪  
Click→プロミスレディースキャッシング
【プロミスの実質年率と借り入れまでの期間】
実質年率 4.5%〜17.8%
審査期間 最短で30分
融資までの期間 最短で1時間
(※初回無利息にはメールアドレス登録とWEB明細利用登録が必要です)


SMBCモビットの特徴

神谷が利用して感じたSMBCモビットの優れている部分

 

管理人アイコン

■竹中直人さんの愉快なCMでもおなじみのSMBCモビットの特徴は、申込みが非常に簡単で分かりやすいこと!

■10秒簡易審査や、返済シミュレーションも用意しているSMBCモビットは、スマホや携帯からWeb申込みができる!

■SMBCモビットならではのWEB完結申込みなら、なんと「電話連絡なし・郵送物なし」も可能!会社の同僚やご家族にバレたくないって方におすすめのカードローンといえる。※WEB完結の申込条件には「ゆうちょ銀行」の口座も対象となります。

↓Click 詳細はこちらから↓

モビット


【SMBCモビットの実質年率と借り入れまでの期間】
実質年率 3.0%〜18.0%
審査期間 最短で30分
融資までの期間 最短30分
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合あり