公共料金を払うお金が無い…という場合

公共料金を滞納して止められた場合

電気がストップ

不思議なもので、どんなに贅沢や無駄使いを続けていても、次から次へとお金が舞い込んで、むしろお金に余裕がある…といった時期もある。

 

ところが反対に、次から次へと支払いや返済が重なって、どんなに節約してもお金が足りない…といった時期もあるわけで。

 

そんな状態が続けば、食費や生活費も困るだけじゃなく、時には公共料金が払えずに電気やガスや水道が止められる…なんてシチュエーションに陥るかもしれない。

 

そういったシチュエーションに慣れていない方は、公共料金を滞納してライフラインが止められた場合、パニックになる人も多いかと思うが、慌てず冷静に対応してもらいたい。

 

最短でライフラインが復活できるためのお金を用意し、手続き可能であればコンビニ等で支払いを済ませるか、早急に電力会社やガス会社、水道局に連絡をとって、最短で復旧してもらうべきだろうね。

 

もちろんスピード重視な借入先を選ぶのは絶対条件となってくるから、以下のような最短で借り入れのできるカードローンやキャッシングがベストだといえるだろうね。

 

Click→神谷が辿り着いた最短・確実・安心の借入先とは?

 

公共料金を支払うために、わざわざカードローンやキャッシングなど利用せずに、知人や同僚、彼女に工面してもらう…といった方法もあるかもしれない。それも悪くない。

 

でもライフラインは最短で復旧させるためには、少しでも早いタイミングで支払いを済ませることが、最重要項目だからね。

 

もちろん当日中に知人や同僚から数万円をポンッと借りれる方であれば、それでもいいかもしれない。

 

でも、その場で急に頼まれて数万円貸してくれる人間は、非常に少ないかと思う。そういった人間を探している時間を無駄に使わないためにも、最初から潔くカードローンで借り入れた方が効率がいいと思うな。

 

ガス程度なら数日は我慢できるかもしれないが、電気と水道というライフラインが復旧されないと、もはやスマホの充電もできなければ真っ暗闇、トイレにも行くことができない…つまり生活にならないからね。

 

こういったスピード重視の場合、カードローンやキャッシングの中でも、とくに審査〜融資までが早い会社を選んでおくことをお勧めしたい。

 

利息も大事なことだが、まずはライフラインを早急に復旧させることを優先させて欲しい。

電気料金を払うお金が無い場合

電気料金

現代のような生活環境で、すべてライフラインは重要ともいえるが、中でも絶対に止められた場合に困るものといえば、電気なのは間違いないと思う。

 

テレビやエアコンが使用できない程度なら我慢もできるが、充電切れとなったスマホでは、延滞金を手配しようにも借り入れや知人への相談もできない。

 

つまり連絡手段が途絶えてしまうことになる。同様にパソコンも電気が止めれれば、借り入れの申込みも不可能。神谷の経験上、他のライフラインを止められてもどうにかなるが、電気代だけは遅れても支払っておきたい。

 

 

20日間以内に支払えば遅収扱いで問題ない

では電気代はどの程度の期間、支払いが遅れたら止められてしまうのだろうか?

 

この部分は神谷の経験上の話となってしまうが、引き落とし金額が口座に残っていない場合、通常は20日以内に、振り込みやコンビニ決済…と何らかの方法で支払いを行えば「遅収」扱いとされ、電気が止められるような事態には、まずならないから安心して欲しい。

 

多少の延滞金は加算されるだろうが、20日間程度で送電停止といった強行手段の心配はまず考えられない。帰ったら電気が止められているのでは…と不安かもしれないが、そう簡単に止められるものではない。

 

とはいえ、できるだけ早い時期に支払っておくべきなのは言うまでもない。ズルズルと過ごしていれば、いつか必ず送電停止という日も訪れるのは明らかなのだから、どうせなら不安に過ごすよりも借り入れしてでも不安は解消しておくべきと思うよ。

 

 

最後の検診日から約2ヶ月後が送電停止の目安

これも神谷の経験の話となってしまうので、各電力会社のマニュアルによって違うとは思うが、結果からいってしまうと、最後の検針日から約2ヶ月後あたりを目処に、送電停止になるかと思う。

 

もちろん電力会社も鬼ではないから、ある日突然に送電を停止するようなことは無い。その前には必ず未払いの電気代についての督促状や送電停止予告書といった書類を送付してくるはず。

 

通常の人間では、この書類を無視する事は考えられないとは思うが、相談できる家族や知人がいない状態、そしてヵ利入れ先も見つからない場合、支払いたくても支払いが不可能というケースもある。

 

ちなみに、電力会社に支払いができない…といった泣き落としはまったく通用しない、それなりの期間の猶予を与えてくれたわけなので、残念ながらこちらで工面するしか方法は無い。

 

中にはカードローンやキャッシングは最終的な手段…とギリギリまで回避する人もいるようだが、こういった送電停止の状態に陥った場合、パソコンもスマホも充電できず、頼みの綱のカードローンの申込みも窓口まで足を運ぶといった大変な手間がかかる。

 

そういった状態に陥る前に、最低限の電気料金だけは借りてでも支払っておく…というのがスマートな方法かもしれないな。

 

借り入れ先バナー

水道料金を払うお金が無い場合

水道料金

他の支払いに追われてしまい、公共料金の引き落としに十分な残高が無かった…といった場合や、コンビニで支払う予定の公共料金をすっかり忘れてしまい、未払いのまま…なんてケースもあると思う。

 

もちろん手持ちの現金に余裕があれば、水道料金は早急に払っておくべきだ。

 

万一、水道が止められた場合、水を利用できないのだからお風呂もトイレも使用不可となる。飲料水として水を飲む人は現代では少ないかもしれないが、トイレが使用できないのは非常に痛いはず。

 

そんな給水停止の状態になる前に、しっかりと対応してもらいたい。

 

 

約2ヶ月後に給水停止の措置がとられる

 

では水道料金を未払いのまま、無視し続けた場合、どういった流れで、どの程度の期間で給水停止になってしまうのか…これも神谷の過去の経験を元に説明しておく。

 

基本的に、数週間や1ヶ月程度の未払いで簡単にとめられる心配は無い。なので支払期限が過ぎた!なんて数日間のことを心配しているなら、安心してもらいたい。

 

 

督促状、勧告状、給水停止予告書という流れ

水道料金の未払いの場合、電気料金の未払いでも説明したが、いきない停止されるようなものではない。それなりに段階を踏んで進められる。

 

まず水道料金が未払い状態となると、暫くして督促状が届くと思う。これはいついつまでに支払いを済ませない場合、今後、給水を止められる可能性がありますよ…といった督促の書類。

 

そして督促状を無視し続けると、次には勧告書が届く。これは督促状よりも申告で、

 

 

このまま未払いが続けば本当に水道の利用ができない状態になると説明している。

 

 

給水停止予告書が届くと本当に水道は止められる

そして勧告書さえも無視していると、最終的な書類として、給水停止予告書が届くことになる。この書類では◯月◯日に給水停止の措置をとります…といった本当の警告ともいえる。

 

もちろん給水停止予告書は脅しでも何でもないから、実際に支払いが行われない場合、本当に水道が利用できない状態に閉栓されてしまうから注意が必要といえる。

 

神谷の経験上、最初の支払期限から給水停止までは、約2ヶ月程度だったと記憶している。もちろん自治体によっても期間は違うだろうし、延滞金の有無に関しても違いはあるはず。

 

その辺りは心配なら分納といった方法も考慮してもらえるだろうから、一度、書類に記載している窓口にに相談してもらいたい。

 

その他、携帯の支払いのお金がない車を修理するお金がないといったケースに関しては各ページで説明しているから、ぜひ参考にして下さい。

神谷流 カードローン業者はこの2社から選ぶ!

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスの特徴

神谷が利用して感じたプロミスの優れている部分

 

管理人アイコン

■プロミスの瞬フリとよばれる振込キャッシングなら、24時間最短10秒で振り込み可能!(※瞬フリのご利用には、三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座をプロミスにご登録する必要があるので注意)

■プロミスの30日間無利息期間はアコムやレイクと違い、申込みから30日間ではなく、初回借入の翌日から30日間の無利息。それだけ長くご利用できるということだ。

■すぐに借りたい!バレずに借りたい!そんなわがままなユーザーさんにとっても理想的な借入先だといえる。

↓Click 詳細はこちらから↓

※女性の方(パート・アルバイトを含む)には女性のオペレーターが親切にご案内する、プロミスの女性用キャッシング。プロミスレディースをおすすめします♪  
Click→プロミスレディースキャッシング
【プロミスの実質年率と借り入れまでの期間】
実質年率 4.5%〜17.8%
審査期間 最短で30分
融資までの期間 最短で1時間
(※初回無利息にはメールアドレス登録とWEB明細利用登録が必要です)


SMBCモビットの特徴

神谷が利用して感じたSMBCモビットの優れている部分

 

管理人アイコン

■竹中直人さんの愉快なCMでもおなじみのSMBCモビットの特徴は、申込みが非常に簡単で分かりやすいこと!

■10秒簡易審査や、返済シミュレーションも用意しているSMBCモビットは、スマホや携帯からWeb申込みができる!

■SMBCモビットならではのWEB完結申込みなら、なんと「電話連絡なし・郵送物なし」も可能!会社の同僚やご家族にバレたくないって方におすすめのカードローンといえる。※WEB完結の申込条件には「ゆうちょ銀行」の口座も対象となります。

↓Click 詳細はこちらから↓

モビット


【SMBCモビットの実質年率と借り入れまでの期間】
実質年率 3.0%〜18.0%
審査期間 最短で30分
融資までの期間 最短30分
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合あり