審査に通りやすいカードローンやキャッシングに注意する

審査に通らない・・・審査に通りやすい借入先には要注意!

審査不通過

どうにも今月、カードローンやキャッシングを利用しなければ乗り切ることができない・・・といったシチュエーションは誰にも一度や二度はあるはず。

 

そこで、借り入れの初心者の場合、借入先での審査がもっとも気になる部分かもしれない。もし審査に落ちてしまったら・・・と不安かもしれない。

 

お金を借り入れするということは、どのカードローン、キャッシングだとしても基本的に審査が不可欠。

 

各借入先には審査基準というものが用意されており、信用情報機関に過去の支払状況や利用残高といった客観的事実を照会するのが中心となる。

 

まあ簡単な話、「この人間に貸した場合、しっかりと完済してもらえるか・・・」といった信用力を判断され、大丈夫なら審査は通過するし、借入先が総合的に怪しい・・・と判断した場合、残念ながら審査は通らない。

 

お金を貸す以上、完済してもらえなければマイナスになるカードローン、キャッシング会社からすれば、こういった審査は必要不可欠なのは当然のことだろう。

 

そこで、借りる人間としては「審査に通りやすい借入先」を選びたくなる気持ちも神谷の経験上、よく分かる。

 

まあ結果として神谷の場合は、信頼や安心と、審査の通過率を考えて以下のようなカードローンやキャッシング会社に落ち着いたワケなのだが・・・。

 

Click→神谷が辿り着いた最短・確実・安心の借入先とは?

 

しかしね。

 

審査に通りやすい借入先を探すのだけは止めておいた方がいい。

 

確かにネット上や街中の看板などで「審査に通りやすい・・・」といった広告をみるかもしれないが、ああいった業者の多くは違法業者やヤミ金とよばれる怪しい会社がほとんど。

 

大手のカードローンやキャッシングではありえない高金利だったり、本来ならば不要な保証料を請求されるケースも少なくない。

 

もっと恐ろしい事は、そういった違法業者への支払いが滞った場合、さらに悪質な関係金融業者に回されてしまう最悪なケースも考えられる。

 

つまり目先の甘い文句に乗せられてしまうと、非常に大きなしっぺ返しが待っているということ。もちろん最初から接触しない方が良いのは言うまでもないだろう。

個人情報と信用情報

信用情報

中にはカードローンやキャッシングの審査で照会される「信用情報」とは、どういった情報なのか・・・と疑問をもつ方もいるかと思うので、ここで簡単に説明しておきたい。

 

よく「個人情報」という言葉を耳にするかと思うが、この信用情報も大きな意味では個人情報の中の一部と考えてもらいたい。

 

個人情報には住所氏名や生年月日だったり、個人を特定するための多くの情報が含まれるが、信用情報はこの中の個人の信用取引の部分のこれまでの実績にフォーカスした情報といえる。

 

もちろん、信用情報も重要な個人情報であるから、こういったカードローンやキャッシング、クレジットカード関係、銀行での借り入れ・・・といった信用取引の場合以外は、第三者が知ることは無いので安心してもらいたい。

 

借入先としては、あなたの情報というよりも、過去の返済状況や借り入れの実績、現在の借り入れ状況を確認しておくために、どうしても照会しなければならない情報といえる。
もちろん他の個人情報については、借入先でも照会する事は不可能なので、その部分に関しては安心してもらいたい。

 

※こちらのJICC 日本信用情報機構(指定信用情報機関)にて信用情報全般を詳しく解説しています。

審査の通りやすさを表す審査通過率

審査通過!

上記の説明通り、宣伝や広告で「審査が通りやすい・・・」といった文面をうたっている金融業者は怪しいので利用してはいけないというのは言うまでもない。

 

とはいえ、せっかく申込むからには、少しでも審査の通りやすい借入先を選んで申込みしたい・・・という気持ちは誰にでもあるかと思う。

 

そこで注目して欲しいのが「審査通過率」という審査の通りやすさを数字で表した指標。

 

簡単にいえば、当社を利用した方の◯◯%の方が、審査を通過して借入できました・・・という確率のことだが、大手のカードローンやキャッシングの場合、一般的に40〜50%程度ともいわれている。

 

もちろん銀行の借入の審査通過率が、一般的に約2割程度といわれている事を考えてみれば、カードローンやキャッシングの審査通過率は非常に高いと考えても良いかと思う。
ま、そうは言っても約半数は審査を通過しないというのも事実。

 

そういった意味では申込み〜審査、融資までがスピーディな会社を選び、1つよりも2つ程度では同時進行で進めておく方がスマートだといえるだろうね。中には会社や自宅でバレたくない・・・といった方も多いだろうが、こちらの記事会社に電話がきたら困るけど借りたい…でも解説したように、在籍確認で融通のきく借入先だと、よりバレにくく便利だといるだろうね。

神谷流 カードローン業者はこの2社から選ぶ!

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスの特徴

神谷が利用して感じたプロミスの優れている部分

 

管理人アイコン

■プロミスの瞬フリとよばれる振込キャッシングなら、24時間最短10秒で振り込み可能!(※瞬フリのご利用には、三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座をプロミスにご登録する必要があるので注意)

■プロミスの30日間無利息期間はアコムやレイクと違い、申込みから30日間ではなく、初回借入の翌日から30日間の無利息。それだけ長くご利用できるということだ。

■すぐに借りたい!バレずに借りたい!そんなわがままなユーザーさんにとっても理想的な借入先だといえる。

↓Click 詳細はこちらから↓

※女性の方(パート・アルバイトを含む)には女性のオペレーターが親切にご案内する、プロミスの女性用キャッシング。プロミスレディースをおすすめします♪  
Click→プロミスレディースキャッシング
【プロミスの実質年率と借り入れまでの期間】
実質年率 4.5%〜17.8%
審査期間 最短で30分
融資までの期間 最短で1時間
(※初回無利息にはメールアドレス登録とWEB明細利用登録が必要です)


SMBCモビットの特徴

神谷が利用して感じたSMBCモビットの優れている部分

 

管理人アイコン

■竹中直人さんの愉快なCMでもおなじみのSMBCモビットの特徴は、申込みが非常に簡単で分かりやすいこと!

■10秒簡易審査や、返済シミュレーションも用意しているSMBCモビットは、スマホや携帯からWeb申込みができる!

■SMBCモビットならではのWEB完結申込みなら、なんと「電話連絡なし・郵送物なし」も可能!会社の同僚やご家族にバレたくないって方におすすめのカードローンといえる。※WEB完結の申込条件には「ゆうちょ銀行」の口座も対象となります。

↓Click 詳細はこちらから↓

モビット


【SMBCモビットの実質年率と借り入れまでの期間】
実質年率 3.0%〜18.0%
審査期間 最短で30分
融資までの期間 最短30分
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合あり