出産費用が足りない!病院にお金が払えない!

予想以上にかかる出費費用

出産

長い人生、生きていると様々な出来事があるものだ。

 

受験、就職、結婚、出産…と平凡な生活にみえても、あんがい大きな出来事は頻繁に起きているものである。

 

そんな中、出産というのも人生において記憶に残るべきビッグイベントのひとつである。もちろん出産する本人の女性はもちろんだが、パートナーの夫にとっても忘れることのない一大イベントといえる。

 

ただ、妊娠〜出産にかけて大きく出費が増えるということも忘れてはいけない。具体的な数字でいえば、一般的に平均的な出産費用は約50万少々といわれている。

 

もちろん出産育児一時金を申請することで大部分はカバーできるかと思うが、状況によっては切迫流産や早産の可能性によって通常より大幅に出産費用がかかる場合もある。やはり突発の支払いに対応できる状態に越したことはないだろう。

 

念のため、以下に出産費用が足りない場合の打開策を解説しておくが、多くは出産費用そのものをカバーする制度であるし、通常は申込みから融資までに時間がかかる。

 

神谷としては、出産準備や産後の一時的な出費を凌ぐには、結局はカードローンやキャッシングといったスピーディな借入先が便利なのが正直な部分だといえるだろう。

 

Click→神谷が辿り着いた最短・確実・安心の借入先とは?

出産費用一時金や出産費用貸付金制度を利用する

申込み

平均で50〜60万程度はかかるといわれる出産費用。

 

出産費用一時金が出産後に支払われるので、実際の自己負担額はよほどの豪華な病院で出産しない限り、それほどかかるものではない。

 

ただ、この出産費用一時金は産後にまとめて支払われる制度なので、一時的に自己負担で支払っておくか、出産費用一時金直接支払制度を利用する必要がでてくるはずだ。

 

この出産費用一時金直接支払制度が利用できれば、出産費用一時金が直接病院に支払われるために一時的な立て替えも最小限で済むので、可能な限り利用したい制度かと思う。

 

ただ、残念ながらこの出産費用一時金直接支払制度に対応していない産婦人科もあるので、この部分は事前に確認してもらいたい。利用できなければ何らかの方法で現金を調達しなくてはならない。

 

もし出産費用一時金直接支払制度が利用に対応していない病院での出産ならば、出産費用資金貸付制度を利用するのもひとつの方法である。

 

この出産費用資金貸付制度とは、健康保険加入者であれば一時的に出産費用一時金の9割程度を無利子で借入れできるシステムのこと。

 

もし利用する際は母子手帳と必要な書類が揃えて健康保険組合に相談してもらいたい。

クレジットによる出産費用の支払いが可能なクリニックを利用する

クレジットカード

基本的に、出産一時金や出産一時金直接支払制度をしっかりと利用しておけば、自己負担額はかなり抑えられるはずである。

 

とはいえ、何らかの理由で出産一時金直接支払制度が利用できないケースも少なくないのが現実だ。

 

そうなれば、出産一時金を受け取るまでの期間、自分で立て替えて支払う必要がでてくることになる。そんな場合に備えて出産予定の病院がクレジット支払うに対応しているかを確認してきたい。

 

現時点、クレジット対応している病院もあれば、一切クレジット対応していない病院もあるというのが産婦人科の現状である。

 

予定通りに出産一時金直接支払制度が利用できる場合でも、念のためクレジット対応しているかは事前に確認しておくとよいだろう。

 

また、中にはクレジットカードを持たない方や何らかの都合でクレジットが利用できない状態の方もいるかと思う。

 

その場合は、出産を機にクレジットを1枚でも作っておくのも悪くないかと思う。

 

赤ちゃんが生まれれば生活も180度変わるものだ。おむつやミルクといった細かい買い物も増えるだろうし、子育てに忙しくなるのは間違いない。
今後の生活の変化を見据えて、ポイントが効率よく溜まるクレジットカードを1枚でも用意しておくのもお勧めしたい。

家族や知人に借りる、生活福祉資金貸付制度で出産費用をまかなう

電話で相談

残念ながら、かかりつけの産婦人科が上記のようなクレジット支払いに対応していない…。

 

そういった場合は、地方自治体から借入れる事も検討してもらいたい。地方自治体では低所得者や高齢者等を対象にした貸付制度を用意しているのが普通である。

 

もちろん高額収入者では条件に合わず借入れは不可能であるが、条件に合っていれば充分に借入れ可能といえる。まずはお住まいのある地方自治体の相談窓口で詳細を確認してもらいたい。

 

もし地方自治体による生活福祉資金貸付制度の利用もできない…といった場合、家族や知人に期間限定で借入れるといった選択肢もある。同じ借入れでも、借りる理由が「出産費用」となればそうそう断る人間はいないはずである。

 

金額が大きいと相手にも負担が大きくなるものだ。こちらで気を使って2人、3人から少額ずつ借りるという方法も悪くないだろう。せっかくの人間関係を崩しかねないので注意が必要だ。

 

その場合はこちらの記事、人間関係を考えるなら知人や友人から借りないことも参考にしてもらいたい。

神谷流 カードローン業者はこの2社から選ぶ!

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスの特徴

神谷が利用して感じたプロミスの優れている部分

 

管理人アイコン

■プロミスの瞬フリとよばれる振込キャッシングなら、24時間最短10秒で振り込み可能!(※瞬フリのご利用には、三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座をプロミスにご登録する必要があるので注意)

■プロミスの30日間無利息期間はアコムやレイクと違い、申込みから30日間ではなく、初回借入の翌日から30日間の無利息。それだけ長くご利用できるということだ。

■すぐに借りたい!バレずに借りたい!そんなわがままなユーザーさんにとっても理想的な借入先だといえる。

↓Click 詳細はこちらから↓

※女性の方(パート・アルバイトを含む)には女性のオペレーターが親切にご案内する、プロミスの女性用キャッシング。プロミスレディースをおすすめします♪  
Click→プロミスレディースキャッシング
【プロミスの実質年率と借り入れまでの期間】
実質年率 4.5%〜17.8%
審査期間 最短で30分
融資までの期間 最短で1時間
(※初回無利息にはメールアドレス登録とWEB明細利用登録が必要です)


SMBCモビットの特徴

神谷が利用して感じたSMBCモビットの優れている部分

 

管理人アイコン

■竹中直人さんの愉快なCMでもおなじみのSMBCモビットの特徴は、申込みが非常に簡単で分かりやすいこと!

■10秒簡易審査や、返済シミュレーションも用意しているSMBCモビットは、スマホや携帯からWeb申込みができる!

■SMBCモビットならではのWEB完結申込みなら、なんと「電話連絡なし・郵送物なし」も可能!会社の同僚やご家族にバレたくないって方におすすめのカードローンといえる。※WEB完結の申込条件には「ゆうちょ銀行」の口座も対象となります。

↓Click 詳細はこちらから↓

モビット


【SMBCモビットの実質年率と借り入れまでの期間】
実質年率 3.0%〜18.0%
審査期間 最短で30分
融資までの期間 最短30分
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合あり