引越し費用のお金がない!引越し代が足りない場合

引越し費用のお金がない場合

引越し

急な出費にもいろいろあるものだが、思いの外かさんでしまう出費といえば「引越し費用」ではないだろうか。

 

若い頃は頻繁に引越ししていた神谷だが、今思えば引越し費用にかなりのお金を使っていたということである。

 

当時は年中お金に困っていたが、冷静に考えてみれば引越しを我慢すれば余裕があったのかもしれない。もし可能なら20年前の自分にその趣旨をアドバイスしてあげたいものである。

 

とはいえ中には気分転換の一貫として引越しする方もいるが、多くの場合は仕事や学校の都合による引越しのはずである。通勤や通学に支障をきたすためにやむなく引っ越す場合がほとんどの理由なはずだ。。

 

そこで問題となってくるのが「引越し費用」である。

 

一年前から引越しの計画を立てて、計画的に引越し費用を貯蓄しているような堅実な方は別として、通常は引越しが決まってから引越し費用の心配をするはずである。

 

そもそも引越しが決まってから2〜3ヶ月後という短期間で引っ越すというケースも多いため、引越し費用を用意できない方も多いようだ。

 

とくに不動産賃貸の場合、物件をおさえるために予約金や内金というカタチで仲介料を前もって支払う場合もあるし、同じ物件を希望する方が現れた場合、早期に支払いを要求されるケースもある。

 

やはりお気に入りの物件を見つけた場合、早急に支払いを済ませた方が安心といえる。

 

もし手持ちの現金に余裕がない場合、とりあえずカードローンやキャッシングで凌ぐという方法もある。引越し後に後悔しないよう、せっかくみつけた希望の物件をおさえてもらいたい。

 

Click→神谷が利用して感じた最短・確実・安心の借入先とは?

引越し費用はお金がかかる、引越し業者選びで安い業者を!

見積もり比較

当サイトで引越し業者を紹介するつもりは毛頭ないが、一般的に引越し費用を節約する1番の方法は「引越し業者選び」だといわれている。

 

引越し業者といえばサカイ、アート、日通、アリさんマーク…と様々な業者があるようだが、基本的にどこもディスカウントされる前提で見積もりをつくる。これは神谷の知人の引越し業界の人間の話であるから間違いない。

 

つまり一社だけで見積もりしたところで本当の引越し費用はハッキリしない…ということだ。

 

確実に何割かは上乗せして提示しているはずである。まずは最初の見積もりは疑ってみた方が良さそうである。

 

神谷も引越しの際には実践しているが、やはり各引越し業者に見積もり依頼し、相見積もりによって競い合ってもらうのが間違いないかと考えている。

 

神谷のみたところ、引越し業者は他の業界にくらべ薄利多売な雰囲気もある。当日のトラックにかかる諸経費、引越し作業のアルバイト費用(通常はひとりがリーダー格で他は短期バイトのような学生が多い)が捻出できればギリギリまで引越し費用を下げる傾向がある。

 

そもそも梱包材や緩衝材などは使い回しできるもの、引越し作業とは燃料費や人件費しか要しないのである。

 

引越し業者としては多少の利益がでるのであれば限界までディスカウントすると考えてもらいたい。

引越し費用は払いたくないので自分で引っ越す場合

中には引越し業者に払う金額をまるまる節約しようと考える方もいるようだが、神谷としてはあれも微妙な気がする。

 

まずは最低でもミニバンや軽トラといった積載性のよい車を用意する必要がある。実家にあるなら問題ないが他人に借りればお礼は必要だし燃料は満タンで返しておきたい。

 

さらに冷蔵庫や洗濯機、液晶テレビ等、どう考えてもひとりで運べない家電関係も多い。

 

もちろん気の合う仲間にお願いするのもひとつの作戦ではあるが、往々にして引越し業者でのバイト経験の無いような男では持ち方さえ知らない。

 

下手すれば大事な家電をぶつけたり落としたりで大赤字というシナリオも大いに考えられる。その点、引越し業者であれば保険に加入しているので家電に万一の事があっても自分の痛手とはならない。

 

とくに単身パック的なプランで、近距離、かつ時間帯を引越し業者に合わせることで最大限に安いプランも可能になることも多い。

 

ういった手間やリスクを考えた場合、引越し業者を利用するのは神谷としては無駄使いとも思えないし。決して引越し業者に払う料金が高いとは思えない。

引越しにかかる費用の内訳と注意点

何度も引っ越し経験のある方はご存知だろうが、引越しは思いの外出費が多いものだ。

 

家具を新調

まず最初に不動産会社への支払いが大きい。新しい住まいの契約には敷金礼金等含めると最低でも30〜40万近くという方がほとんどかと思う。

 

最近では礼金の無い物件も一般的になってきたが、その部分だけに注目するのもどうかと思う。
そもそも人気のある物件は敷金や礼金が設定されていようが、即座に埋まるものである。

 

敷金や礼金が設定されていない物件の場合、もしかしたら長期間の空き状態も考えられる。つまり物件に魅力が無い、もしくは何らかの理由があることも疑ってほしい。

 

自分で物件に出向きその理由を探るもよし、不動産会社の担当者に敷金や礼金の無い理由も聞くもよし。なぜ安いのか知ってから判断しておきたい。

 

次にかかる引越し費用といえば上記の引越し業者に支払う料金である。この部分については上述したように、複数の引越し業者による相見積もりがもっとも確実な方法だといえる。

 

他にも様々な細かい出費がある。

 

例えば新居にエアコンが無い場合、元の住まいから持ち込むことも可能だが、多くの場合は新しく買い替えるはず。平米数にもよるが最低でも1〜2台は必要となってくる。

 

さらにカーテンやブラインド関係も確実に必要である。前の住居での窓の開口サイズが違えば使いまわしができない。つまり新調しなくてはならない。開口部の数にもよるが広い新居になればそれ相応のカーテンやブラインドが必要なる。

 

その他にも間取りが変われがソファやベッド、食器棚といった家具関係も必要かもしれない。順序としては最後の方が構わないとは思うが、最初にまとめて購入していしまい支払いに困るケースも考え、計画的に揃えていくのがポイントである。

 

Click→神谷が辿り着いた最短・確実・安心の借入先とは?

神谷流 カードローン業者はこの2社から選ぶ!

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスの特徴

神谷が利用して感じたプロミスの優れている部分

 

管理人アイコン

■プロミスの瞬フリとよばれる振込キャッシングなら、24時間最短10秒で振り込み可能!(※瞬フリのご利用には、三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座をプロミスにご登録する必要があるので注意)

■プロミスの30日間無利息期間はアコムやレイクと違い、申込みから30日間ではなく、初回借入の翌日から30日間の無利息。それだけ長くご利用できるということだ。

■すぐに借りたい!バレずに借りたい!そんなわがままなユーザーさんにとっても理想的な借入先だといえる。

↓Click 詳細はこちらから↓

※女性の方(パート・アルバイトを含む)には女性のオペレーターが親切にご案内する、プロミスの女性用キャッシング。プロミスレディースをおすすめします♪  
Click→プロミスレディースキャッシング
【プロミスの実質年率と借り入れまでの期間】
実質年率 4.5%〜17.8%
審査期間 最短で30分
融資までの期間 最短で1時間
(※初回無利息にはメールアドレス登録とWEB明細利用登録が必要です)


SMBCモビットの特徴

神谷が利用して感じたSMBCモビットの優れている部分

 

管理人アイコン

■竹中直人さんの愉快なCMでもおなじみのSMBCモビットの特徴は、申込みが非常に簡単で分かりやすいこと!

■10秒簡易審査や、返済シミュレーションも用意しているSMBCモビットは、スマホや携帯からWeb申込みができる!

■SMBCモビットならではのWEB完結申込みなら、なんと「電話連絡なし・郵送物なし」も可能!会社の同僚やご家族にバレたくないって方におすすめのカードローンといえる。※WEB完結の申込条件には「ゆうちょ銀行」の口座も対象となります。

↓Click 詳細はこちらから↓

モビット


【SMBCモビットの実質年率と借り入れまでの期間】
実質年率 3.0%〜18.0%
審査期間 最短で30分
融資までの期間 最短30分
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合あり