個人事業主や自営業の方だと借入れの審査は通りにくいのか?

個人事業主や自営業こそ借入は慎重に!

経営者

会社員として働く方が「ヤバイ、お金がない」といった状況に陥るように、無計画な出費が続けば個人事業主や自営業の方も「ヤバイ、お金がない」といった状況に陥るのは同じである。

 

むしろ次の給料日まで凌げばピンチを脱することのできる会社員よりも事態は深刻といえるだろう。

 

そもそも会社員の方の「お金がない」という状況と、個人事業主や自営業の方の「お金がない」という状況は、お金が無いという結果は同じだとしても原因や金額の規模が違うものだ。

 

個人事業主や自営業の方の場合、もしかしたら事業拡大のための設備投資や取引先への突発の入金、広告宣伝費や原材料費のアップ、さらに従業員への給料かもしれない。

 

いわゆる運転資金がショートしている状態である。

 

しっかりと計画的に進めていても取引先や協力業者等の関係でこういった状況を避けることができないケースも多々ある。以前に規模は小さくとも従業員を使っていた神谷としても気持ちは痛いほど分かるものだ。

銀行や事業者ローンでは間に合わないパターンも

支払い期限

もちろん、理想的な解決方法は銀行での借入れである。誰でも思いつくもっとも安心できる打開策である。

 

支払いのタイムリミットまで十分な時間があるならば、まずは銀行の借入れを検討してもらいたい。

 

この場では敢えて銀行の借入れについては細かくアドバイスしないが、普段から懇意にしている銀行の担当者さんに相談してみれば良いかと思う。

 

また個人事業主や自営業の方の資金繰りという限定的な内容であれば、事業者ローンという選択肢もある。これはビジネス目的の借入れのことだ。例えばビジネクストやビジネスパートナーといった事業者ローンをネットで検索してみれば他にも数多くあるはずである。

 

ただしこの事業者ローンの目的はあくまで事業用である。そのための高限度額なのだから、それなりの審査もある。目的や返済計画をしっかりと準備しておく必要があるかと思う。

 

また銀行も事業者ローンもスピードという面では一般的なカードローンやキャッシングよりも時間を要するケースが多い。支払いの期限のギリギリでも申込むような事は避けたい。

 

Click→神谷が辿り着いた最短・確実・安心の借入先とは?

個人事業主や自営業の方が借入は実際に審査が通りにくいのか?

審査中

そこで急な支払いや取引先への入金の場合、もっとも有効な手段となればカードローンやキャッシングを個人名義で利用することではないだろうか。

 

大手の銀行系のカードローンやキャッシングとなれば、基本的に即日融資が常識である。スピードの面では他の借入先とはレベルが違うというものだ。あとは審査が通るかどうか…といった問題をクリアすれば事態は収束するのである。

 

だが問題は「個人事業主や自営業の方の場合、比較的審査が通りにくい…」ことだ。確かに会社員、それも大手の会社員ではあっさりと審査が通る借入先も個人事業主や自営業の方の場合、簡単に落とされる場合が多い。神谷も通過することを前提に申込みをして痛い思いをした経験がある。

 

だが安心してもらいたい。結果からいってしまうと個人事業主や自営業の方だからといって審査が通りにくいという事はない。

 

個人事業主や自営業の方だからと、会社員よりも厳しく審査するわけでもなく、借入先としては通常の信用情報機関を通じての確認作業や一連の審査項目をチェックして通常通りに判断するだけである。

 

もし審査を通りにくいと感じている個人事業主や自営業の方は、自分の経営状態や会社の実績を見つめ直してもらいたい。何らかの審査に影響を与えている部分が必ずあるはずだ。もし会社として何もなくても個人的に過去にローンや何らかの返済が遅れたケースも考えられる。

 

Click→神谷で審査が通った最短・確実・安心の借入先とは?

同時に多くの借入先に申込みする場合、申込みブラック状態にも注意!

微妙な差こそあるだろうが、基本的に借入先の審査は信用情報機関に残されている情報をもとに判断される。

 

つまり一社でダメな場合他社も厳しい可能性が高い。念のため2つくらいで申込みしておくほうが保険とはなるだろうが、あまり多くの借入先に申込みするのも危険である。

 

状況によっては「申込みブラック」という状態と判断されてしまう。

 

この申込みブラックとなると数ヶ月は他の借入先では審査が通らないのが定説とされているのでこの点にも注意してもらいたい。

 

やはり神谷としては、会社員でも個人事業主や自営業の方でも申込むべき借入先は同じ。

 

金利が低く、申込み〜融資までがスピーディな店舗の方が良いかと思う。仮にダメだった場合でも次のアクションが早くおこせるため、リカバリーが容易だからである。

神谷流 カードローン業者はこの2社から選ぶ!

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスの特徴

神谷が利用して感じたプロミスの優れている部分

 

管理人アイコン

■プロミスの瞬フリとよばれる振込キャッシングなら、24時間最短10秒で振り込み可能!(※瞬フリのご利用には、三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座をプロミスにご登録する必要があるので注意)

■プロミスの30日間無利息期間はアコムやレイクと違い、申込みから30日間ではなく、初回借入の翌日から30日間の無利息。それだけ長くご利用できるということだ。

■すぐに借りたい!バレずに借りたい!そんなわがままなユーザーさんにとっても理想的な借入先だといえる。

↓Click 詳細はこちらから↓

※女性の方(パート・アルバイトを含む)には女性のオペレーターが親切にご案内する、プロミスの女性用キャッシング。プロミスレディースをおすすめします♪  
Click→プロミスレディースキャッシング
【プロミスの実質年率と借り入れまでの期間】
実質年率 4.5%〜17.8%
審査期間 最短で30分
融資までの期間 最短で1時間
(※初回無利息にはメールアドレス登録とWEB明細利用登録が必要です)


SMBCモビットの特徴

神谷が利用して感じたSMBCモビットの優れている部分

 

管理人アイコン

■竹中直人さんの愉快なCMでもおなじみのSMBCモビットの特徴は、申込みが非常に簡単で分かりやすいこと!

■10秒簡易審査や、返済シミュレーションも用意しているSMBCモビットは、スマホや携帯からWeb申込みができる!

■SMBCモビットならではのWEB完結申込みなら、なんと「電話連絡なし・郵送物なし」も可能!会社の同僚やご家族にバレたくないって方におすすめのカードローンといえる。※WEB完結の申込条件には「ゆうちょ銀行」の口座も対象となります。

↓Click 詳細はこちらから↓

モビット


【SMBCモビットの実質年率と借り入れまでの期間】
実質年率 3.0%〜18.0%
審査期間 最短で30分
融資までの期間 最短30分
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合あり