病院代が払えない!医療費の支払いに困った場合の対処法

病院代が払えない!医療費の支払いに困った場合の対処法

急な病気で入院

普段から怪我や病気と無縁の方にはピンと来ないかもしれないが、人間の体はどこか一箇所が不調となると連鎖反応のように体の各所の不調が相次ぐものだ。

 

そういった場合、毎日の生活に支障をきたさない程度の不調の場合もあるが、状況によっては通院や入院を余儀なくされるシチュエーションもでてくる。

 

そんな場合、普段から健康には自信のある人間にかぎって、入院費用や通院の費用といった医療費を備えていないケースが多いものだ。

 

ちなみに40歳を超えてから常にアチコチが痛む神谷の場合、一般的な方よりもクリニックや整体院に通う頻度が多いので、そういった貯蓄を準備している(笑)

 

まあ放っておいても自然と治癒できる症状なら構わないが、状況によっては早期の治療が肝心…という病気や症状もある。金額的な問題によって治療が遅れては元も子もない。

 

そんな場合はあれこれ悩まずに、借入れしてでも治療に全力を注いでもらいたい。

 

もちろん銀行等で借入れできれベターだが、審査が厳しいこと、融資まで時間がかかることを踏まえると医療費を払うお金が工面できないならカードローンやキャッシングを利用するのが神谷のお勧めといえる。

 

Click→神谷が提案するお金のピンチの理想的な対処法とは?

医療費が払えない場合の最悪のパターンとは?

入院

では病院での治療が終わり、請求された医療費が払えない…といった場合、どうなるのか考えてみよう。

 

この部分は諸説あるかと思うし、病院やクリニックの規模・営業方針にもよるが、良心的な病院やクリニックであれば返済できる範囲で分割の支払いに対応してもらえる…というケースが多いようだ。

 

もちろんカード払いに対応している病院やクリニックもあるので、そういった対応をまずは確認し、カード払いに利用できるカードを持ち合わせているならばそれも一考である。

 

だが中には一括現金の支払いしか受け付けない病院やクリニックもあるといわれている。さらに返済が遅れた場合、督促では済まず、そういった債券業務の専門業者に委託する病院やクリニックもあるというのが実情である。

 

そんな状況に陥ってしまえば悪徳金融業者に借入れしたのの大差ない状況である。そういった煩わしいシチュエーションに陥らないためにも、まずはお世話になった病院やクリニックの支払い対応を聞いて相談しておきたい。

 

実際のところ、こういった医療費の未払いによる裁判も急増中だといわれている。残念ながら放置したからといって払わずに済まされる類の料金ではない。

 

どうせ支払うことになるならば、早期に計画的に借入れしてでも支払った方が賢明といえるだろう。

最初に保証金を支払うケースもある!

病院受付

上述のように、治療や入院の後になって支払えない…といったケースも多いが、同様に多いのが保証金が支払えないので治療や入院すらできない…というパターンだ。

 

最近の病院やクリニックの多くは、医療費の未払いの問題が深刻化し、医療費の担保として保証金を最初に支払うのクリニックが多いのだ。

 

乱暴な言い方になってしまうが、病院側としては治療費用や入院費用を支払ってもらえない可能性のある患者さんには治療や入院はさせない…といったシステムといえる。

 

もちろん病院やクリニックも営利目的なのは当たり前だ。ボランティアじゃない以上、赤字になる患者さんを喜んでケアする筋合いも無いということだ。

 

こういった場合は治療方針や入院予定、ベッドの空き状況といった部分が決まってから、保証金の支払いまではスピーディな場合がほとんどだ。

 

つまり支払うべきお金が無い場合、悠長に銀行で目的別のローンでも…なんてのんびりした状況ではないだろう。やはり即日、もしくは最短で融資可能なカードローンやキャッシングを利用してもらいたい。

 

Click→こんな医療費の支払いで利用したい借入先とは?

手術・入院で20万程度の医療費がかかって借入れた場合のシミュレーション

シミュレーション

そういった医療費が支払えないシチュエーションでも、神谷としては必ずやっておくべきだと考えているのが返済シミュレーションである。

 

借入れの目的がどうであれ、買い物でも医療費でも返済には違いない。無理なく自分のペースで可能な借入額、借入期間を決める意味でも一度じっくりとシミュレーションするのが鉄則といえる。

 

といっても至って簡単な計算式でシミュレーションは可能だ。仮に手術+入院費用で約20万円が必要となったケースを考えてみるので以下の公式を参考にしてもらいたい。

 

借入額×実質年率(通常15.0〜18.0%程度)÷365(日)×30日(返済までの日数)=合計の利息

 

つまり20万を30日間借入れた場合、金利を18.0%で考えた場合、約2,958円が利息である。仮に保証金が払えずに他の病院やクリニックを探す手間や労力を考えた場合、その損失は3000円どころの騒ぎではないだろう。

 

もちろんプロミス等の30日間無利息サービスのある金融業者を利用すれば、この利息さえもかかってこない。神谷としては30日間の猶予の間にしっかりと休養しながら返済計画を段取りするのがもっとも賢い対処法だと思う。

 

こういった緊急の状況でまごまごしていては、治療のタイミングが遅れて状態が悪化しかねない。以下のような借入先を利用してでも早急に対応するのが大人の行動といえるだろう。

神谷流 カードローン業者はこの2社から選ぶ!

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスの特徴

神谷が利用して感じたプロミスの優れている部分

 

管理人アイコン

■プロミスの瞬フリとよばれる振込キャッシングなら、24時間最短10秒で振り込み可能!(※瞬フリのご利用には、三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座をプロミスにご登録する必要があるので注意)

■プロミスの30日間無利息期間はアコムやレイクと違い、申込みから30日間ではなく、初回借入の翌日から30日間の無利息。それだけ長くご利用できるということだ。

■すぐに借りたい!バレずに借りたい!そんなわがままなユーザーさんにとっても理想的な借入先だといえる。

↓Click 詳細はこちらから↓

※女性の方(パート・アルバイトを含む)には女性のオペレーターが親切にご案内する、プロミスの女性用キャッシング。プロミスレディースをおすすめします♪  
Click→プロミスレディースキャッシング
【プロミスの実質年率と借り入れまでの期間】
実質年率 4.5%〜17.8%
審査期間 最短で30分
融資までの期間 最短で1時間
(※初回無利息にはメールアドレス登録とWEB明細利用登録が必要です)


SMBCモビットの特徴

神谷が利用して感じたSMBCモビットの優れている部分

 

管理人アイコン

■竹中直人さんの愉快なCMでもおなじみのSMBCモビットの特徴は、申込みが非常に簡単で分かりやすいこと!

■10秒簡易審査や、返済シミュレーションも用意しているSMBCモビットは、スマホや携帯からWeb申込みができる!

■SMBCモビットならではのWEB完結申込みなら、なんと「電話連絡なし・郵送物なし」も可能!会社の同僚やご家族にバレたくないって方におすすめのカードローンといえる。※WEB完結の申込条件には「ゆうちょ銀行」の口座も対象となります。

↓Click 詳細はこちらから↓

モビット


【SMBCモビットの実質年率と借り入れまでの期間】
実質年率 3.0%〜18.0%
審査期間 最短で30分
融資までの期間 最短30分
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合あり